地球温暖化

地球温暖化(ぷっ!)のため、直近の北極海海氷面積が1381万平方kmに拡大している。昨年の夏の最小海氷面積は2000年代平均に戻しており、前出の数値にいたっちゃ1980年代の平均値に極めて近い。北極海の氷が溶けると黒くなり温暖化がさらに加速する、ということだったんですけどね〜。

北極海の氷が無くなって困っていた白熊たちは安堵していることだろう。加えて南極海の氷もオキオイを増しており、年を追う毎に昭和基地への接岸が難しくなっている(座礁したしらせは昨日脱出出来たそうな。よかった)。ここにきて地球温暖化にストップが掛かったという学者がイキオイを増してます。

だからこそ地球温暖化会議や、二酸化炭素の排出量について全く話が出なくなってきた。原発を推進する勢力を見ると世界規模で縮小傾向。温暖化ビジネスの仕掛け人達も店仕舞を始めている。ただエネルギーを貴重に使おうという流れは止まらない。というか、天然ガスを除く化石燃料のコストは上がる一方だ。

気候変動の方向性が変わったことは間違いないと考える。となれば、普通と違う気象になることもあるだろう。大雪や大雨、台風、大風、小雨、黒潮の蛇行など(現在紀伊半島に接岸した後、大蛇行しており青ヶ島近辺を流れている)、様々な変化が起きる可能性大。いろんな事象に対する気構えはしておきたい。

超甘口の記事ばかりとなっているレヴォーグながら、ベストカーで客観的な印象を書いたら、どうやら最近私はネットじゃアンチスバルの代表のように思われているらしい。数年前まで「スバルを誉めてばかりいる」と言われていたのに。この傾向、トヨタやホンダや日産についても同じこと。

トヨタ嫌いの人は私がトヨタ派だと書き、トヨタ好きは私のことをアンチトヨタだと言う。ホンダや日産も同じ。どう思われてもいいけれど、優れた技術や良いクルマはどこでも誉める。アカンければ批判する。それだけのことです。必要な情報を提供することが私の役割だと思う。出来れば誉めてばかりいたい。


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ