COTYの分析

今年のCOTYはCX-5でありました。リアルタイムに開票状況を見てると相当の接戦で、60人中20人の開票が終わった時点じゃ20点少々の差。されど21人目は86/BRZに10点のCX-5が0点。22人目も86/BRZに10点だったため、あっという間に一桁の差になってしまう。マツダもヒヤヒヤしたろう。

COTYの得点状況

開票24人目の私あたりからCX-5優勢の流れに変わり、40人終了時点で「こら決まりましたね!」。50人を少し過ぎたあたりで結果が出てしまった。マツダの広報に聞いてみたら「会社を出る際、今回は難しいと役員や開発陣に伝えてきました」。マツダにとっても予想していなかったようだ。

11301

嬉しそうな姿を見てるのが好き

今回の得票を見ると、非常に興味深い。満点の10点を投じた選考委員というと86/BRZが18人。CX-5は20人。しかし10点と同じくらい影響力を持つ0点をチェックしてみたら、86/BRZが5人のCX-5は9人。CX-5嫌いが多かった。ここだけを見るとCX-5の方が圧倒的に状況悪いです。

じゃなんで得票数で上回ったかといえば、CX-5の方に高い点数を入れた選考委員が多かったからに他ならない。例えば6点以上入れた選考委員の数を見ると、86/BRZの5人に対し、CX-5は13人もいる。4点以下の選考委員は、それぞれ25人と11人。CX-5の方が多くの人から満遍なく評価されたワケ。

11302_001

竹平兄「ホンモノは凄いな」。本物なんか無いですけど

黒澤師匠「これ動くのか?」。だから本物は無いです

いずれにしろ「86の点数+BRZの点数」の合計にならなかったことだけは間違いない。COTYに関する限り、アライアンスによるシナジー効果など全く無し。トヨタとスバルの共同開発を評価した選考委員も多くなかった、ということか。改めて選考委員が投じた点数を見ると、いろんな意味で興味深い。

ちなみに私は86/BRZとCX-5、アップ! 3シリーズ全てに10点を付けたかったけれどレギュレーションで許されず。そこでディーゼルに風穴を開けたCX-5に10点を投じ、その他の3モデルは均等にました。ただ5車種に入れよ、というレギュレーションなので、高額な3シリーズの1点をイヴォーグに入れた次第。

点数は前から86/BRZ    ノート   N BOX  CX-5     ワゴンR    up!  3シリーズDS5   ジュリエッタ    イヴォーク

1    青山 尚暉    10    0    0    2    0    3    6    0    0    4
2    飯田 裕子      3    0    0    10    4    3    0    0    0    5
3    家村 浩明      0    2    0    7    10    0    0    2    0    4
4    石井 昌道      2    0    0    10    0    3    7    0    0    3
5    石川 真禧照    1    0    0    6    0    0    6    0    2    10
6    石川 芳雄      2    0    0    10    0    5    6    0    0    2
7    岩貞 るみこ     4    0    0    5    2    4    10    0    0    0
8    太田 哲也      10    0    0    0    0    0    2    3    5    5
9    岡崎 五朗      0    0    0    10    3    5    0    2    0    5
10    岡本 幸一郎   10    0    0    6    0    2    4    0    0    3
11    小沢 コージ    10    0    0    7    0    5    2    1    0    0
12    片岡 英明     4    0    0    10    2    3    6    0    0    0
13    桂 伸一      3    0    0    10    0    4    3    0    0    5
14    金子 浩久     5    0    0    0    0    6    2    2    0    10
15    川上 完      10    0    0    5    0    2    0    3    0    5
16    川上 浩平     6    0    1    10    0    3    5    0    0    0
17    河口 まなぶ    10    0    0    4    0    4    4    0    0    3
18    高原 誠     4    0    0    4    10    4    3    0    0    0
19    川端 由美     3    0    0    5    0    10    5    0    0    2
20    河村 康彦     3    0    0    3    0    4    10    0    0    5
21    木下 隆之     10    0    0    0    0    2    3    4    0    6
22    日下部 保雄   10    0    0    6    0    1    4    0    0    4
23    九島 辰也     4    0    0    4    0    0    5    2    0    10
24    国沢 光宏     5    0    0    10    0    5    4    0    0    1
25    熊野 学      5    0    0    10    0    2    7    0    0    1
26    五味 康隆     5    0    0    7    1    0    10    0    2    0
27    こもだ きよし  5    0    0    5    2    0    10    3    0    0
28    斎藤 聡      10    0    0    7    0    3    4    0    0    1
29    佐藤 久実     2    0    0    10    0    2    5    0    0    6
30    島崎 七生人    3    0    0    0    0    2    8    0    2    10
31    島下 泰久    3    0    0    10    0    5    2    0    0    5
32    清水 和夫    2    0    0    7    0    3    10    0    0    3
33    瀬在 仁志    2    0    0    10    0    0    2    4    0    7
34    高山 正寛    4    0    0    7    0    3    10    0    0    1
35    竹岡 圭      3    0    0    10    4    3    0    0    0    5
36    竹平 素信    10    2    0    5    0    0    5    3    0    0
37    舘内 端      0    0    0    0    0    10    6    2    5    2
38    田畑 修      6    0    0    0    0    0    10    3    3    3
39    藤島 知子    10    0    0    7    1    1    0    0    0    6
40    津々見 友彦   9    0    0    10    0    1    3    0    0    2
41    長嶋 達人     10    3    0    0    6    2    4    0    0    0
42    中谷 明彦     7    0    0    10    0    0    4    1    0    3
43    西川 淳      3    0    0    2    0    6    10    0    4  &
nbsp; 0
44    ピストン西沢   10    0    0    0    0    0    2    4    3    6
45    西村 直人     10    2    0    7    2    0    0    0    0    4
46    萩原 秀輝     6    0    0    3    0    3    10    3    0    0
47    ピーターライオン 2   0    0    10    0    6    2    0    0    5
48    平田 勝       5    0    2    10    0    0    1    0    0    7
49    ボブ スリーヴァ   2   0    0    6    0    4    3    0    0    10
50    松下 宏      0    0    4    0    4    4    10    0    3    0
51    松田 秀士     4    0    0    8    0    1    2    0    0    10
52    松任谷 正隆   3    0    0    3    0    3    10    0    0    6
53    まるも亜希子   2    0    0    10    5    3    0    0    0    5
54    御堀 直嗣    0    0    2    4    6    0    10    0    0    3
55    三好 秀昌    10    0    0    5    0    0    1    4    0    5
56    森口 将之    3    0    0    10    0    0    4    4    0    4
57    森野 恭行    10    0    0    9    0    0    3    1    0    2
58    諸星 陽一    10    0    0    3    4    0    4    0    0    4
59    山内 一典    10    1    0    4    0    3    7    0    0    0
60    横越 光廣    3    0    0    10    2    4    6    0    0    0
合計    318   10   9   363   68   152   282     51     29     218   

86/BRZに10点を入れなかったのは、多田さんが訴えていた「身近なスポーツモデル」にならなかったからだ。チューニングショップからすれば待望の大型新人なのだろう。ラリー界にとっても同じ。かくして高価なパーツばかりになってしまった。ラリー車を作ろうとしたら、部品超高いです。

下を見て200万円! これじゃ手軽にラリーなんか出来んでしょう。私のように貧乏パワー炸裂で楽しくラリーをやれればいいけれど、86/BRZだとそうもいかない。気軽に遊べないスポーツモデルなら86/BRZ以外だっていっくらでも存在する。そんなことから、CX-5を高く評価しました。


5 Responses to “COTYの分析”

  1. アミーゴ5号 より:

    国沢さんのリンク友の評論家さんは、全幅1800mmを超える車種には入れない主義だとか。
    わからないでもないけど、なんだかなぁ〜って感じ。

  2. applefanjp  より:

    ご指摘の通りだと思います。
    86&BRZの登場時、
    それは面白いクルマが出てきたなって
    ワクワク感がありました。
    しかし、
    だんだんとチューンパーツがおごられた
    ある種マニアックな世界が
    脚光を浴びる方向にあるように思います。
    マガジンを開けば、そんなんばっかですもんね。
    クルマ好きの世代が喜ぶのはわかる。
    でも、それは、その世代のお祭りであって
    広がらない。
    どっかのテレビ局のように、過去の視聴率稼ぎの
    俳優さんや女優さんを使ってみたけど
    全体の視聴率のアップにつながらなかったように。
    それは・・・まずい。

  3. さね より:

    マツダおめでとうございます。ドヤ顔(誉めてるんです、ゴーンと並んでも会社の規模が小さい感がしない!かっこいい)しながらも、リーマンショック後から苦労された社長さん。スカイアクティブテクノロジーが認められた技術屋さん、認められたんだなぁ。株価急上昇だし、フォードと別れて正解かもなぁ。後はスカイアクティブ4WDの開発よろしく(笑) 86、BRZは誉める人ばかりですが、完全新開発ポリシーの開発魂と有り物使えるものは使って、新開発じゃなぁ… しつこいけどスバルの為にも適度な排気量直4+リヤサス新開発してお値段安くしたら、違ったかもなぁ。惜しい。 4WDで思い出したんですがロスモーターショウで新型ラブ4を写真で見ました。不覚にもトヨタ車のデザインなんかオーリスワゴン以外国内仕様車終わってんなと思ってましたが、かっこいい…と思いっちゃいました。が日本じゃ当分出ないらしい。アメリカなら6ATなんですよね前は4AT。何故国内はCXー5が売れてるの見て分かるように、特にCVTじゃなきゃいやだ!なんてユーザーは少数派で特に求めてないよーな?4、5ATそれ以上の段数の多段ATとMTならOKみたいな?メーカーの都合と、押し付けと、アホな燃費基準+減税の為ですよね?これじゃ軽自動車と小さいのしか売れないのも納得。トヨタの4WD制御が新型変わったから、電子制御湿式多版クラッチカップリングで、同じサプライヤー?だしCXー5もかわるかもなぁ…キャパシターつけて4WD進化したら一層凄い車だな。しかしトヨタは?新型出しても日本じゃHV仕様できるまで当分旧型を販売か…ありえないでしょ。新型の方が環境性能上がってるはず。儲ける為?燃費?新型でしょ!…燃費数字、低燃費、低燃費、日本サイズ、合唱のように繰り返すようになって普通乗用車売れなくなり、国内経済的にもいいんですかね?本当に?電気自動車は排ガス0とか… ちょっとマスコミ…罪深いな。 受賞したCXー5なんてデカいし、電気自動車とは対局だし。 資源、エネルギー政策も関係しますが、十分低燃費技術は 各社やってるし、低燃費数字が目的になってる車がこうも多く、海外仕様とかなり違うとは…国内市場終わるなぁこのままじゃ…。

  4. 真鍋清 より:

    よしこの勢い!
    これに刺激されてさすがのトヨタも「ハイブリッド絶対主義」を脱してダウンサイジングターボ〜ディーゼルとクリーンエンジンを多方面から展開すべきことと悟ったと思いたい。
    実際2014年から次期クラウンのバリエーションとして4気筒の2.0ターボが<クラウンアスリートII>としてシリーズに仲間入りすると見られ、300psと二桁燃費(無論JC-08)を引っさげて市場に波乱を起こす姿が待ち遠しい限りなのだ。

  5. 飛島建設現場監督兄さん より:

    ディーゼル特有の「キューピーマヨネーズ並み」の排ガス臭がどれだけ撲滅されるか、マツダ自身の次作アテンザ・ディーゼルともども今後の動向を見守る価値はあろう。
    実際、ヨーロッパを訪れた石原慎太郎氏が「かの地の街角は排ガスのにおいが全くしない!」と慨嘆していたほどだからクリーンディーゼルは着実に進化しているのであり、わが国も早急にワールドスタンダードに合わせるべき正念場に入ったと思う。

このページの先頭へ