ワゴンRに自動ブレーキ

スズキがついに来た! ワゴンRは「一部改良」を行い(いわゆる年次改良レベル)、ムーヴと同じような自動ブレーキシステムを選べるようにしてきましたね! 当然の如く横滑り防止装置もセット。こいつの機能が無いと自動ブレーキの油圧を立ち上げられない。価格は標準グレードの5万400円高の116万250円である。

ちなみにムーヴの自動ブレーキ付きは113万円。ワゴンRはフルオートエアコンと、エコクールなど優位の装備になるが、気持ちムーブの方が安い。気になる自動ブレーキの性能は最近の例によってカタログを見ても何km/hから止まれるのか全く解らず。ムーヴの場合、先行車との速度差20km/hまで自動停止。


ゴンRのスペック見ると速度差15km/hまで「追突せずに自動停止する」とある。最近責任を逃れるため、あいまいな表現しかしなくなったので、本当の性
能についちゃ全く解らない。試乗会の時に聞いて見たい。ただ両車とも30km/h以下で何らかの制御を行うというので、間違いなく被害低減効果はあると考
えます。

止まっている車両に対する停止性能は、ムーヴが25km/hまで(30km/hまで稼働するけれど、軽く衝突するという)。同じ
システムを使うVWアップ!の30km/hより少し落ちる。ワゴンRについちゃ数字無し。後日確認します。そうそう。ムーヴもワゴンRも、サイドカーテン
エアバッグのオプション設定は相変わらず無し。

また、JC08燃費で30km/Lを達成! クラストップを自慢していた29,2km/L
の日産デイズ/三菱eKワゴンは文字通り三日天下でありました。これでデイズとeKワゴンの「売り」が無くなった? かように日本の燃費競争厳しい。果た
して「各ジャンル燃費TOP」を目指すホンダ・ライフはどんな数字になるだろうか?

今まで「コストアップになる」ということで安全装備に
積極的じゃ無かったスズキが、軽自動車の一部改良レベルで自動ブレーキを採用してきた意義は大きい。軽自動車に限らず、これから出てくる新型車で自動ブ
レーキ無しだと完全に商品企画を読み間違えてるということ。N-ONEも自動ブレーキを急ぎたい。


5 Responses to “ワゴンRに自動ブレーキ”

  1. オロネロ より:

    これこそまっとうな進化と言えるでしょうね。
    ただスズキは、必要に迫られてからしか動かないのが難ですが(笑)
    それと、私はそれほど自動ブレーキを過信している訳ではないです。
    ただ、これからはもっと、
    「いかに悲惨な事故を無くすか」をメーカーは真剣に考えても良いと思います。
    安っぽくて、燃費と価格(と、快適装備)だけが自慢の車は、時代遅れになってもらいたいものです。

  2. さね より:

    うーん恐るべしスズキパワー。素直に感心します。だけどサイドエアバックは何故ダイハツといいないんでしょ? スモールオフセット衝突や普通に横から衝突されたら幅狭いから、かえって危ないとか? それとも法規で定められてないならコストと天平にかけて省いてるとか?なんとなく軽自動車の限界を垣間見た気がする。 いずれにしてもメーカーの見識によりますけど、謎だ…。しかし軽自動車て税金を考えなきゃ、普通に考えて凄い高いよなぁ… それだけ技術やコストに金かかってるにしても…。

  3. 中野人@出向中 より:

    ワゴンRの自動ブレーキは、レーダー位置が前ガラスの上部で、ターボ車でも4万ちょいで装着できることと、
    ワイパーの稼働範囲内にあることで、雨の日でも動作する というのがウリですね。
    他車への設定拡充が望まれます。
    あと、先のトヨタのリコールは論外ですが、自動ブレーキの機能としては正常稼働だけど、その場面ではないといった誤作動について、お話を聞いてみたいです。

  4. ねこまんま より:

    ついにスズキもやりましたか、これで残るはホンダと三菱&日産。まあ三菱&日産は出たばかりだから当分衝突防止装置はつけないでしょうね、日産は登録車にすら設定が無いし。メーカーが競い合って良い物をユーザーに提供する、この調子でどんどんやってもらいたいものです。
    スモールオフセット衝突対応も重要ですがまずぶつからない車を造る事が一番大事、ぶつからければ事故にはならないのですから。
    今すぐには無理だけど4〜5年程度たって車両の更新が進み大部分の車に衝突防止装置が当たり前に付けばかなり事故は減るのではないのでしょか?

  5. TTP より:

    ムーブカスタムの最上グレードには、サイド・カーテンエアバッグがオプション設定されています。

このページの先頭へ