ストーカー外交?

・25日(土)は21時からラジオ日本の『ドライヴ・ア・ラ・カルト』です。聴取出来る地域の方はぜひ!

韓国との付き合いが難しくなりつつある。安倍首相がダボス会議でクネおばさんの講演を聴いたら「ストーカーだ!」と大騒ぎになっているのだという。その他、下でリンクした朝鮮日報の記事を読むとウナることばかり。日本にとっちゃ意識の外になりつつあるのに対し、向こうは気になって仕方ないようだ。

韓国のメディアの日本語版

とは言え日本から韓国にアピール出来ることなど無い。クネおばさんが政権に居る限り、ナニを言っても、ナニをしても反発するのみ。日本にいる韓国の人や知人と今まで通り付き合っていれば良いと思います。ただ自然に韓国産の食べ物や製品を忌避したくなってくる。経済的なダメージは韓国の方が大きいかと。

アメリカとはイルカ問題でササくれだってる。正々堂々イルカをモリで突き刺して殺しているのは太地だけ。ちなみにアメリカも先住民は依然としてクジラを捕ってます。アメリカ人に聞くと「皆で反対してるけど聞いてくれない」。日本も同じように「皆で反対してるのにやめない」というポーズを取ればいい。

イルカは増えすぎるとサカナを乱獲してしまう。イヌやネコも野良犬や野良猫になったら捕獲して殺しているのが世界の実情。したがって「イルカを食べるのは文化だ!」と開き直り、モリで突き刺して殺すのさえ止めればいいと思う。韓国ですら人前でイヌを叩き殺して食べるようなことはしない。

参考までに書いておけば、太地以外でも定置網に掛かったイルカは食べてます。少なからず捕れるため、神奈川県の海沿いの街の地場スーパーに行けば、イルカの肉を普通に売っている。スマートにやればいい。おそらくイルカ漁を肯定する人も、血に染まった海を見たらイヤな気分になることだろう。

タイして忙しくもないのに時間が取れず今年になって野村君のトコロに行けていない。ヒジョウにコンディション良くないです。座った体勢から立ち上がった際、腰伸びるまで数歩掛かるし、肩も激しく凝り、いかんともしがたい。日曜日の夜あたり、何とか行けるか?


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ