タイ情勢再び緊迫へ

タイはクーデターで落ち着く、と書いたけれど、なかなかビミョウな情勢になってきているようだ。これまでの例だと軍部は王様のバックアップによって信任を得ていた。しかし現在タイの国王は健康状態が思わしくなく、信任の映像を公開できていない。そこをつつかれている。

今日時点じゃごく一部に留まっているものの、バリケードを作っている軍に突っかかっていく輩も出始めてます。こいつがエスカレートしていくと軍だって黙っていない。市民に発表するような事態になると、さすがに反発を受けるようになる。さらに規模の大きいデモになろう。

こうなると再び収拾付かなくなってしまう。タクシン派と反タクシン派、そして軍部の三つどもえの戦いになるワケ。文字通りドロ仕合だ。多くのタイ国民はこの流れに乗らないだろうけれど、工場や輸出入業務など滞ってしまう可能性大。混沌としてきちゃいましたね。心配です。

ベトナムと中国の争いも、ベトナム漁船の沈没でエスカレートする気配出てきた。中国は「ベトナム船がブツかってきた」と主張してる。客観的に見ると「中国の言ってることは本当かもしれない」と思えるが、こらもう日本と中国の争いと一緒。お互いの国民は「相手が手を出した」状態。

日本だって中国以上に世界へ「中国が悪い」と大きな声で主張しなければならぬ。中国側は日本との争いも「日本が悪い」と世界に対して発信しており、他の国々は「本当はどうなんだ?」と考えている。外交下手の日本だけに、海外から見ると日本も悪いように受け取られちゃう。

夕方まで原稿書き。17時からベストカー編集部で座談会。


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ