原発41基分(5月20日)

凄いですね~! 解っちゃいたけど2011年から3年間でメガソーラーなど再生可能エネルギーの発電能力が4100万kWになるという! 実に原発41基分! 4分の1くらいの効率で稼働したとしても原発10基分! しかも需要ある昼間に効率良く発電するから素晴らしい。

資源エネルギー庁の数字がベースです

上の数字は半年以内に稼働を開始する施設も含むけれど、直近で原発10基が稼働を始めるようなもの。ちなみにメガソーラーからの買い取り価格は32円(以下全て1kWh単位)。私が契約している「お得なナイト10の昼間の電力料金は34円56銭なので、利ざやは稼げます。

工業用電力はコージェネにより電力会社から買うより安くなる。お湯も一緒に作れるため高効率。これから余った電力を集めて売るビジネスが盛んになるだろう。家庭用は再生可能エネルギーで。工業用はコージェネや余剰電力などでカバーするのがベストだと考えます。

コージェネの燃料である天然ガスは今まで電力会社が国際相場より突出して高い価格で買っていた。カナダからの輸入など始まれば一段と安くつく。地熱発電の開発にOKが出れば(原発推進のため政府が認可を出してきませんでした)、原発より発電コストは下がる。

一方、福島第一の事故は酷い状況が露呈され始めた。昨日「9割が逃げた」と報じられたのに続き「住民にナイショでドライベントしようとした」。ドライベントとは原子炉本体である圧力容器内の超高濃度放射性物質を大気に開放すること。格納容器のベント全く違う。

震災の3日後。住民は避難完了していない

ドライベントしようとしたのは14日未明。3号機の爆発が14日の11時で、その時に降ってきた破片で被爆した人も出たことで解るが近隣に住民居たのだ。未明にドライベントしたら、被爆する人は多数出来ることは予測できた。黙ってのドライベントなど言語道断である。

鼻血の件も真贋解らない状況。原発大好きな人はフェイスブックで勝ち誇ったように「鼻血なんか出るワケない」と発言してるけど、以下のような情報が出てきた。鼻血なんか増えてないと頑強に反対してる福島県双葉町の震災直後の調査で、鼻血が増えていたのだ。

鼻血問題

何のことはない。美味しんぼの作者が取材した時に「鼻血が増えた」と答えた人は双葉町の健康調査結果などベースにしていたのであり、そいつを現在の双葉町の役所が全く忘れてい強硬にクレームしてる。メディアの役割は真実を伝えること。圧殺しちゃいけません。


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ