新車フル装備で118万円。軽トラックのインプレなど(ハイゼットならぬサンバーです)

このところサンバーで移動している。買ってから近所しか乗ってなかったけれど、高速道路など様々な道路状況を走ってみたので試乗レポートなどお届けしたい。まずダメなトコロ。こらもう直進安定性だ。真っ直ぐ走らない。もう許せないくらいダメ。「ステアリングの中央付近が遊んでいる」のお手本みたいなもの。80km/hを過ぎたあたりから一段と酷くなります。

考えてみたらRRのサンバー、直進安定性よかったら購入したことを思いだす。高速道路の利用多い赤帽さん、困っていることだろう。ホンキで乗るならアライメントやダンパー、タイヤなど含め、総合的な対応を考えなくちゃアカン。ただ乗り心地は案外悪くない。足回り、動いている。減衰力が弱いからか?(笑)。もう少し減衰力を上げたいところ。

5速マニュアル仕様なら動力性能は納得出来る。2速スタートなので実質的に4速ですけど。3速を引っ張ると60km/h。4速なら100km/hまで出る。高速道路の登り坂なら4速に落とせば対応可能。素晴らしいのが音・震。46馬力の3気筒ながら、澄んだ音質のため高回転を常用してもストレス無し。振動だって「バランス取ってるんじゃないの?」と感心するくらい滑らかに回る。

4気筒を搭載していたRRのサンバーと互角。これで真っ直ぐ走ってくれたら高速巡航も快適かと。キャビンについちゃ文句無し! 標準ボディを29cmストレッチしたグランドキャビンを選んだため、リクライニング可能。直立気味の窮屈な姿勢になってしまう標準キャブと快適性が全く違う。身長183cmの私でも余裕のドラポジを選べるほど。その分、荷台は1650mmに減る。

装備は充実している。40km/hなら止まれる自動ブレーキにエアコン、姿勢制御装置、ヘッドライト射角調整、LEDヘッドライト&フォグ、熱線吸収ガラス、両席エアバッグなど全て標準で118万8000円。自動車税年額5000円。任意保険年齢担保無し。251cc以上のバイクと同じくらいのランニングコストで済む。近所の買い物とか最高に便利だったりして。

<おすすめ記事>

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ