日常へ

朝8時から自宅で撮影&取材。この時間帯、前の道が渋滞してるため、超、こっぱずかしっす! 皆さんヒマだからガン見されちゃうのだった。10時少し前に終了。新型エクストレイルのミニ試乗会が行われている日産のグルーバル本社へ向かう。早速自律自動ブレーキの自主規制が始まった。

普通、私ら専門家は自律自動ブレーキの体験を自ら行う(試作車は除く)。というかシロウトじゃないため、万一のことが起きたって免責だ。戦場カメラマンは危険を承知で行くのであり、絶対的な安全を確保して欲しいなんてヤツは行く資格すら無い。市販車に付いているシステムならなおのこと。

でも今回は助手席体験であります。突っ込む時は助手席だって突っ込む。先日の事故も、骨を折ったの助手席の人。自動車メーカー自ら行う試乗会で、しかも専門家の私らが助手席体験という状況、日本語だと「羮に懲りて膾を吹く」という超カッコ悪い状況になります。他のメーカーはどうでる?

ちなみに日産は2週間前に袖ケ浦サーキットで2014年式のGT-Rを制約無しで乗せている。この余裕と、20km/hからの自律自動ブレーキも試させないというギャップ、どこから来てるんだろうか? いろんな意味で自動車メーカーとメディアの関係は微妙になってきたのかもしれません。

終了後、銀座でボート・オブ・ザ・イヤーの勉強会。今年は新艇が少なく、結果として候補も絞られてきている感じ。私としちゃ燃費と使い勝手のバランスを高いレベルで両立している双胴艇の日産『サンキャット245』を推したいところながら、未だ試乗出来ていない。投票までに乗ってみたいです。


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ